ナチュラル系提案住宅 Skogのいえ

ナチュラル系提案住宅 Skogのいえ

ナチュラル系提案住宅 Skogのいえ

自然素材に囲まれた家だからこそできる 愛着のある「いえづくり」

住まいづくりの経験がある、こだわりを持った一般女性の意見を取り入れ、「かわいらしさ」をポイントにコーディネートした素材感あふれるナチュラル系提案住宅です。
自然素材商品がふんだんに使われていて、あなたにも、あなたの家族にも優しいおうちです。

ていねいに生きる人の、自然素材の住まい。
大好きな雑貨を飾ってインテリアを楽しむ│自然素材に囲まれて心地よさを楽しむ│家事コーナーで毎日の家事を楽しむ│家族やお友達とゆったりした時を楽しむ

年月が味わいにかわっていく。

華美でもなく、質素でもない。清々しくで温かみがあり、リラックスできる。
そんな穏やかな雰囲気が「Skogのいえ」には満ちています。
「Skog(スコーグ)」とは、スウェーデン語で「森」の意味。
無垢木材の床をはじめとして、壁や天井、小さな部分にも自然素材を使い、細かなところまでこだわって仕上げました。
それはまさに、女性が思い描いてきた空間。
雑貨をさりげなく飾って楽しんだり、家事の時間も好きになったり。
だんだん飴色に変化していく無垢木材も、おもちゃでついたキズや落書きのあとだって、この住まいでは愛着になっていきます。家族と一緒の毎日は、慌ただしくて、けれど愛おしい。
そんなふうに気負わず、ていねいに暮らす人のための
「Skogのいえ」です。

「Skogのいえ」は、女性たちの意見をもとにつくられた提案住宅です。雑貨好きの主婦、設計士、インテリアコーディネーターなど、くらしのプロともいえる女性たちが、全体のイメージから、素材、ディテールにいたるまでじっくりと話し合い、アイデアをひとつひとつカタチにしていきました。

INTERIOR すみずみまでこだわった、美しさと心地よさを両立する空間。

img
img

一言で印象をあらわすと、温かみのある住まい。それは壁や床などに自然素材がふんだんに使われているからなのでしょう。
室内に入るとまず、木の多さに気づくはずです。無垢パイン材の床は木目が優しく、素足で歩いても、ごろりと寝転んでも、ほんのりと温かみが伝わります。ドアや窓、キッチンの収納扉など、いたるところに木材が使われていて、見るたび、触れるたびに和ませてくれます。
住まいの中でもっとも面積の広い壁や天井は、全て左官職人の手で仕上げられています。塗り壁の材料は、北海道仁木町で採られるゼオライトという天然素材。においに強く、温度も調節してくれる優れものです。表情も豊かで、照明が当たって生まれる微妙な陰影にも風情があります。

カフェをイメージしたキッチンの隣には、お母さんのための家事コーナーが。雑誌をめくったり、書き物をしたりと、家事の合間に一息つくにもぴったりです。
リビングの吹き抜けは、日ざしが降りそそぎ、白壁と相まって空間全体が明るく感じます。杉材を使った梁が空間のアクセントになっています。アーチ型の開口部、雑貨が映えるニッチ、チェッカーガラスの小窓、雰囲気に馴染む照明スイッチ、水廻りのカラフルなタイル張り、クロスハンドルの蛇口…と、こだわりをあげればきりがないほど。そんなディテールのひとつひとつが、住まいへの愛着を確かなものにしていくのでしょう。
機能性もしっかりと考えられていて、冬の厳しい寒さへの対策もばっちり。外窓はトリプルガラスが採用されており、一年を通して快適とエコを両立してくれます。
お気に入りに囲まれて、家族みんなで心地よく。そんなインテリアが楽しめます。

EXTERIOR シンプルな中に、愛らしさを感じるたたずまい。

img
img

白い壁とオーソドックスな三角屋根が、控えめだけれど目を引く外観。都心でも、住宅街でも、きっと森の中にあっても調和するような、落ち着いた存在感が漂います。
光をやわらかく反射する塗り壁の風合いや質感は、材料に細かな自然石を含んでいるから。石張りと組合せると南仏プロヴァンスの住宅のようなかわいらしさが生まれます。十字格子のついた木枠の窓や、重厚な鎧窓のデザイン、優雅なアーチ型の開口部が、白い壁にほどよいアクセントを加えています。
瓦風の屋根は、曲線とマーブル模様がかわいらしい表情。表面に自然石粒を施した無落雪屋根なので、雪深い場所でも安心です。

また、軒天は一般的には無機系材料なので仕上げられる部分ですが、「Skogのいえ」では防腐処理をした木材が使われています。ふと見上げたとき、木材の陰影が味わいとなって、住まい全体の印象を深めてくれます。
玄関ドアは天然のチーク材を使用したシンプルなデザイン。スリガラスの小窓が明るい印象を与えます。瓦風のひさしがついた玄関ポーチは十分なスペースがあり、工夫次第で使い方が広がりそうです。

たとえば、季節ごとに木の実やリースを飾り付けたり、夕方にちょっと涼んだり、日用品をじっくりとお手入れしたり。玄関は住まいの顔とも言える場所。住む人の生活を楽しむ姿勢が、自然とあらわれるのかもしれません。
日が暮れると、窓や玄関ドアからやわらかな光が洩れ、よりいっそう温かみのある雰囲気を醸し出します。
思い描いていたのはきっと、お友達を呼びたくなる住まい。家族が仲良く寄り添う住まい。そして、愛着にあふれていて、ずっとここでくらしたいと感じる住まい。そんな思いが、カタチになりました。

ナチュラル系提案住宅 Skogのいえ 仕様商品ラインアップ

ナチュラル系提案住宅 Skogのいえ オフィシャルはこちら